美容皮膚科であけるピアスについて

ピアスを開けたいと思った時に、自分でピアッサーを使って穴をあける方法と、美容皮膚科で開けてもらう方法があります。自分で行う場合は、必要になるのがピアッサーや専用の消毒液など材料費のみとなるため、かかる費用は抑えることができます。しかし、皮膚に穴をあけるという行為は、感染の危険も伴う医療行為です。化膿してしまったり、金属アレルギーの可能性もあるため、適切な医療機関で開けてもらう方が安全で衛生的です。

それでは、美容皮膚科で開けてもらう場合はどのような手順になるのかを解説します。一般的に、まずはカウンセリングを行います。ピアスを開ける位置の確認や取り扱い、施術後のアフターケアについての説明を受けます。

次に、ファーストピアスの種類を選択し、実際の穴開けに移ります。穴をあける箇所の消毒と痛みを抑えるためのクーリングをした後、医師が専用の機械を用いて穴をあけます。穴をあける瞬間は一瞬で、強い痛みはありません。そして最後に、穴を確認して終了となります。かかる費用に関しては、それぞれの医療機関が自由に設定できることから明確な基準があるわけではありませんが、おおよそ7,000~10,000円程度であることが多いです。