美容皮膚科 毛穴治療

年齢肌のサインは、どんなにセルフケアを頑張っていても、エステサロンに通っていても、出てしまうことがあります。コラーゲンの生成が加齢とともに減少してしまうことが原因の一つとも言われています。

コラーゲンは細胞同士をつなぎとめている役割がありますが、それが減少してしまうことで、保水力が低下し、化粧水の浸透もしづらい状態になります。乾燥してしまうことで、しわができやすく、さらにバリア機能も失われてくるため、紫外線の影響を受けやすく、シミができやすくなります。同時に、ターンオーバーの働きも崩れがちになりますので、シミは加齢とともに出てきてしまうのです。

毛穴の開きについても、コラーゲンやヒアルロン酸の減少が関係しています。そこで、美容皮膚科でできる治療について解説していきます。

美容皮膚科では、レーザーやフラッシュといった医療機器を使ったアプローチができ、照射をすることによって、コラーゲンの生成を促すことができます。コラーゲンが増える事で、きめが整い毛穴はきゅっとひきしまり、たるみも改善されてきます。アンチエイジングとしての効果も高く、今とても注目されています。ちなみに美白レーザーではシミを除去することもできます。