美容皮膚科 ビタミンC

美容皮膚科では、ビタミンCを導入することによって肌の状態を良好にするように努めているクリニックが存在します。

なぜ美容皮膚科でこの成分が利用されているのかを解説すると、医学的な観点から美容にとても良いということが分かってきたからです。ビタミンCは、もともと良好な肌の状態を作っていくために不可欠な成分であると考えられていましたが、近年の研究によって特に抗酸化作用や美白作用が存在するということがわかりました。特に、ビタミンC誘導体が存在するローションを利用して微弱な電気を流すと、その有効成分が肌にまできちんと浸透して肌の状態が良くなるということまで解明されています。

本来、人間の肌に対して直接的に何らかの栄養分を塗布したとしても、あまり高い効果を得ることはできません。これは、皮膚表面に存在する外部からの成分をはじくためのバリアが存在するからです。肌の良いはずのコラーゲンを塗布しても思ったような効果を得ることができないにも、こうした皮膚表面に皮膚を守るための機能が存在するからに他なりません。

一方で、この方法を利用すると本来働くはずの皮膚表面のバリアが働かずに、有効成分だけを浸透させることができるのでとてもきれいな肌にすることができるわけです。

ビタミンCは効果がある